民間資格 森林インストラクター

森林インストラクターとは?

森林インストラクターとは、森林を利用する一般の者に対して、自然と森林のしくみ、森林づくりと林業、野外での活動、教育の方法、安全対策などの森林や林業に関する知識と野外活動の指導を行う、自然環境教育を目指す森の案内人です。
  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。記述式が多いうえに範囲も広い。
近年合格率は、21.7%ほど。
就職は? 地方自治体、自然環境保護団体、アウトドアショップなど。定年後に勉強を始めて取得する人も増えており、観察会などを企画して活動している人も多くいます。
仕事内容は? ガイドツアー、森林一般の説明、利用者の誘導、マナー指導などを行います。

この資格の書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

20歳以上の者。

ただし,次のいずれかに該当する者は,試験の応募資格がありません。
1.成年被後見人又は被保佐人
2.公務員で懲戒免職の処分を受け、その処分を受けた日から起算して2年を
 経過していない者
3.禁固以上の刑に処せられ,その執行を終わった日または執行を受けることが
 なくなった日から起算して2年を経過していない者
4.森林インストラクター又は上級森林インストラクターの登録を取り消され、
 その取り消しの日から起算して2年を経過していない者
5.破産者で復権を得ない者


試験内容

●1次試験(筆記試験)

□森林(1時間20分)

@森林の仕組み・植生の遷移、A樹木・森林の動植物、
B森林の地質・土壌と水文、Cその他森林に関すること

□林業(1時間)

@山村と農林業、A森林の効用、B森林の施業、
C木材及び特用林産物(きのこを含む)の利用、Dその他林業に関すること

□森林内の野外活動(1時間20分)

@森林レクリエーション、Aキャンピング、Bネイチャークラフト、
Cその他森林内の野外活動に関すること

□安全及び教育(1時間)

@安全の知識(気象を含む)・救急処置法、A環境教育・自然保護、
B指導技術・企画の立て方、Cその他安全及び教育に関すること


●2次試験

□実技

あらかじめ提示される素材の一つを使って,森林インストラクターとしての模擬演技

□面接・・・・口述試験

合格基準

●1次試験

満点中、60%以上の正答率で合格となります。


免除(科目等)について

・一次試験の合格科目は、その合格年を含め5年間(注)に行われる試験に限り、
 受験申込書に試験一部免除申請書を添付することにより免除となります。
 ただし、試験結果は最新のものが優先されます。
・技術士法に基づく森林部門の技術士である者は、受験申込書に試験一部免除
 申請書を添付することにより、林業科目の試験が免除されます。
・以下の者は、申請により2次試験の実技試験が免除されます。
 1)協会が主催する森林インストラクター養成講習を修了した者
 2)国、地方公共団体及び公益法人が行う森林インストラクターの養成講習
  (当協会が認めたもの)を修了した者


願書申込み受付期間

6月上旬〜7月下旬頃まで


試験日程

●1次試験(筆記試験)・・・・9月下旬頃
●2次試験(実技・面接)・・・・11月下旬頃


受験地

●1次試験(筆記試験)・・・・札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、高知、福岡
●2次試験(実技・面接)・・・・東京


受験料(税込み)

18,000円


合格発表日

●1次試験(筆記試験)・・・・11月上旬頃
●最終発表・・・・12月中旬頃


合格後の更新について

森林インストラクターの登録有効期間は5年間です。
登録の更新するためには、事務手続き(更新手数料5,000円を納付)する必要があります。更新を行わなかった場合は、森林インストラクターに登録されず、「森林インストラクター」の名称が使用できなくなりますが、資格取得自体が失効することはありません。
なお、登録の失効後、改めて登録手続きを行えば、「森林インストラクター」の名称付与がなされます。


受験申込・問合せ

一般社団法人 全国森林レクリエーション協会森林インストラクター係 03-5840-7471

ホームページ

一般社団法人 全国森林レクリエーション協会


参考書・問題集

この資格の書籍はこちら


森林インストラクターに関連する資格

ビオトープ管理士  グリーンアドバイザー  造園施工管理技士