国家資格 ガス主任技術者

ガス主任技術者とは?

ガス工作物の工事、維持、運用を行う保安監督です。ガス主任技術者免状(甲・乙・丙)保有者であれば、都道府県に申請することにより、「特定第1種圧力容器取扱作業主任者免許」を取得することができます。
  業務独占資格  名称独占  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。
近年合格率は甲種:12.9%、乙種:17.5%、丙種:26.8%ほど。
就職は? ガス事業者は、その業務を行う際に、ガス主任技術者を選任しなければならないことが、法令によって義務付けられており、有資格者に対するニーズは高く、有資格者は昇給・昇格時に優遇されます。
仕事内容は? ガス工作物の工事やそれにともなう維持・整備、安全性を確保するための保安、指導を行います。

関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●甲種・乙種・丙種

  • ① 法令(五肢択一)・・・・16問出題すべて解答
  • ② 基礎(五肢択一)・・・・15問出題中10問を選択し解答
  • ③ ガス技術(五肢択一)・・・・27問出題中20問を選択し解答
  • ④ 論述(記述式)・・・法令関連1問とガス技術関連(製造、供給、消費)から1問選択
□試験範囲
  1. ガス事業関係法令(保安に関するものに限る。)
  2. ガスに関する物理及び化学理論
  3. ガス工作物の工事、維持及び運用に関する技術
  4. ガスの成分分析及び熱量等の測定
  5. ガス器具の構造及び機能
  6. ガス工作物の構造及び機能

☆過去問はこちら



合格基準

以下の各項全てを満たすことで、合格となります。

  • マークシート問題及び論述問題の合計得点(300点満点)が180点以上であること。
  • マークシート問題の法令科目(80点満点)の得点が25点以上であること。
  • マークシート問題の基礎科目(50点満点)の得点が15点以上であること。
  • マークシート問題のガス技術科目(100点満点)の得点が30点以上であること。
  • 論述問題(70点満点)の得点が20点以上であること。

身体上の障害等に係る特別措置について

受験に際し、特別な措置の要望がある場合は、受験願書提出の際に実施団代までご相談下さい。


願書申込み受付期間

5月下旬〜6月上旬頃まで


試験日程

9月下旬頃


受験地

北海道、宮城、東京、愛知、富山、大阪、広島、香川、福岡、沖縄


受験料

12,700円


合格発表日

12月下旬頃


受験申込・問合せ

一般財団法人日本ガス機器検査協会 ガス主任技術者試験センター 03-3960-0159

ホームページ

一般財団法人日本ガス機器検査協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら
    
この資格を活かせる会社を見てみる


ガス主任技術者に関連する資格

高圧ガス製造保安責任者  特定高圧ガス取扱主任  液化石油ガス設備士