国家資格 海上特殊無線技士

海上特殊無線技士とは?

船舶職員としてレーダの取り扱いや、他船との無線交信の際に使用するVHF無線電話装置などを取り扱う技術者です。
第三級総合無線通信士の有資格者は、一級の無線工学と法規が免除され、第四級総合無線通信士の有資格者は、一級・二級・三級のの無線工学が免除されます。
  業務独占資格  名称独占  必置資格  指定学校卒業で取得できる資格  実務経験なしで受験できる国家資格  インターネットで申し込める資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。近年合格率は一級:52.2%、二級:80.7%、三級:93.4%、レーダー級:97.0%ほど。
就職は? 航海士、海上保安庁、交通管制官など。就職や転職などに有利に働くので、取得していても損はない資格です。
仕事内容は? 国際VHF波、小無線局、またはVHFによる小規模海岸局などの無線設備、漁業通信システム、無線電話などの設備の操作を行います。

参考書はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●一級

  • ① 無線工学・法規(12問・12問/1時間
  • ② 英語(5問/30分以内)
  • ③ 電気通信術

無線工学が免除される方の試験時間は30分となります。)


●二級

  • ① 無線工学・法規(12問・12問/1時間

無線工学が免除される方の試験時間は30分となります。)


●三級

  • ① 無線工学・法規(10問・20問/1時間

無線工学が免除される方の試験時間は40分となります。)


●レーダー級

  • ① 無線工学・法規(12問・12問/1時間)

☆過去問はこちら


合格基準

●一級

  • ① 無線工学:60点満点中、40点以上
  • ② 法規:60点満点中、40点以上
  • ③ 英会話:100点満点中、60点以上
  • ④ 電気通信術:
  • 電話送話:100点満点中、80点以上
  • 電話受話:100点満点中、80点以上

●二級

  • ① 無線工学:60点満点中、40点以上
  • ② 法規:60点満点中、40点以上

●三級

  • ① 無線工学:50点満点中、30点以上
  • ② 法規:100点満点中、60点以上

●レーダー級

  • ① 無線工学:60点満点中、40点以上
  • ② 法規:60点満点中、40点以上

身体上の障害等に係る特別措置について

試験実施方法等について措置を希望される場合は、受験地を担当する事務所にお問い合わせください。


願書受付期間

インターネット、郵送:
@4月上旬〜下旬頃まで
A8月上旬〜下旬頃まで
B12月上旬〜下旬頃まで


試験日程

@6月中旬頃
A10月中旬頃
B2月上旬頃(年3回)


受験地

東京、札幌、仙台、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇


受験料

●一級・・・・6,552円
●二級・三級・レーダー級・・・・5,152円


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受験申込・問合せ

  • 公益財団法人 日本無線協会 本部 03-3533-6022
  • 北海道支部 011-271-6060
  • 東北支部 022-265-0575
  • 信越支部 026-234-1377・0355
  • 北陸支部 0762-22-7121
  • 東海支部 052-951-2589
  • 近畿支部 06-6942-0420
  • 中国支部 082-227-5253
  • 四国支部 089-946-4431
  • 九州支部 096-356-7902
  • 沖縄支部 098-840-1816

ホームページ

公益財団法人 日本無線協会


参考書・問題集

参考書はこちら


海上特殊無線技士に関連する資格

総合無線通信士  陸上特殊無線技士  航空特殊無線技士