国家資格 有害液体汚染防止管理者

有害液体汚染防止管理者とは?

有害液体汚染防止管理者とは、有害液体物質を船舶で輸送する際、事故による流出などで海洋汚染を防止するために船長を補佐する専門家を認定する国家資格。
  業務独占資格  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
総トン数200トン以上の船舶に乗り込む方は取っておいた方がいい資格です。
就職先は? 船舶関連。総トン数200トン以上の船舶には必ず乗り込む必要があるので、転職などには有利かも。
仕事内容は? 船長を補佐し有害液体物質の流出の防止ならびに、流出時の必要な措置を講じます。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受講資格

なし。 ただし、認定証の交付を受けるためには、船舶に乗り込んで作業に従事した経歴が必要になります。


受講内容

●講習(座学/2日間)

  • ① 有害液体物質関係法規
  • ② 保護具・検知器の概要
  • ③ 有害液体物質の性状
  • ④ 有害液体物質の取扱い
  • ⑤ 流出有害液体物質への対応
  • ⑥ 保護具・検知器の取扱い

●実技(有害液体物質検知・消防実習/1日間)

  • ① 消防実習
  • ② 保護資材・機材、検知器取扱い

願書申込み受付期間

実施先まで、お問い合わせ下さい。


受講日程

実施先まで、お問い合わせ下さい。


受講地

実施先まで、お問い合わせ下さい。


受講料

122,281円


合格発表日

実施先まで、お問い合わせ下さい。


受講申込・問合せ

独立行政法人 海上災害防止センター 045-224-4321

ホームページ

海上災害防止センター


参考書・問題集

関連書籍はこちら


有害液体汚染防止管理者に関連する資格

海技従事者  油濁防止管理者