民間資格 ITCE検定試験(教育情報化コーディネータ検定試験)

ITCE検定試験(教育情報化コーディネータ検定試験)とは?

ITCE検定試験(教育情報化コーディネータ検定試験)とは、学校や高等教育機関など教育の情報化をコーディネートできる能力を認定する検定試験です。実務的な能力を求められるICT支援員とは違い、教育の情報化を全体的にデザインする能力が求められます。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? 2級:★★★☆☆(普通)。
3級:★★☆☆☆(やや易しい)。
合格率は、
2級:36.9%、
準2級:34.0%、
3級:30.5%ほど。(平成13年〜18年計)
3級は、主に基礎的な内容なので、テキストでの対策で問題ありませんが、法令関係やマルチメディア、IPアドレス関連あたりはしっかりと抑えておく必要があります。
2級については、過去問をしっかり行うことはもちろん、世界の教育環境で行われているにおけるハードやソフト、プログラミング、セキュリティの情報、日本国内での教育関連の最新情報をしっかりと抑えておくことが必要になります。
就職は? 教育関連アウトソーシング・派遣業、ITコンサルティング会社、ヘルプデスク業界など。情報化やICTを使った学習機会が進む現在、教育情報化コーディネータ(ITCE)認定者への期待と活躍の場は広がっています。求人に利用するのなら2級以上ほしい。
仕事内容は? 小中学校、高等学校などの現場において、ICT機器を利用した授業の相談、授業支援、プログラミング支援、デジタル教材作成・アドバイス、機器の不具合やトラブルの障害対応、教職員向けICT利活用研修、セキュリティ対策などを行います。

この資格の書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

●1級

ITCE2級を取得後、3年以上実務(*1)を経験している者、あるいはそれに準ずる者(*2)

  • (※1) 「実務」とは、教育情報システムの設計、教育現場への教育情報システムの導入に関する企画・助言、情報教育の実践に関するカリキュラム開発、技術支援・サポートなど(いずれか、あるいはその組み合わせ)の業務をさす。
  • (※2) 「準ずる者」とは、2級は取得していないが、試験実施委員会などに所属し、これまで試験問題を作成したり面接担当をしたりして、実質的にITCEの育成・指導に携わってきているものをいう。

●2級

準2級取得者


●3級

原則として20歳以上


試験内容

●1級

  • ① 書類審査(予備審査)(※3)
  • ② 課題提出
    審査委員会の発足、経験、能力判定の根拠として「課題」の提出を求める。
  • ③ 面接・口頭試問
    審査の過程で、面接・口頭試問を実施する。

  • (※3) 申請・・・本人が申請書を提出(締切日は年2回)
  • 推薦書:2名、そのうち1名は2級以上の資格者
  • 履歴書・業績書(ITCE関連の実務・経験を含む)
  • 小論文(主として、ITCEとしてのこれまでの経験や業績、抱負などをまとめたもの)

●2級

□1次試験
  • ① 選択肢問題(専門知識テスト)
  • ② 小論文(問題解決のための情報活用能力)
□2次試験
  • ① 事前に与えられた課題の提出と口頭試問

☆過去問はこちら


●3級

  • ① 学習・教育方法、情報などに関する知識
  • ② 情報教育の内容や方法、ITCEの役割に関する知識
  • ③ 教育情報化政策、校務の情報化、予算、運用などに関する知識
  • ④ 教育情報システム、教育ネットワークの運用、セキュリティ技術などに関する知識
  • ⑤ 情報モラルや著作権など関連法規や応用に関する知識

合格基準

●3級

満点中、65点以上で合格となります。


免除(科目等)について

●2級

1次試験のみに合格した者は準2級に認定され、準2級取得年度から3年以内であれば1次試験が免除されます。


身体上の障害等に係る特別措置について

●3級

「ハンディキャップ受験申請書」をダウンロードの上、必要事項を記載し、障害者手帳の写しとあわせて
FAX:03-5209-0552もしくは、E-mail:help@cbt-s.comに送付して下さい。


願書申込み受付期間

●1級

  • ① 〜6月下旬頃まで
  • ② 〜11月下旬頃まで

●2級

  • ③ 9月上旬〜下旬頃まで

●3級

  • ④ 4月下旬〜6月中旬頃まで

試験日程

●2級

□1次
  • ③ 10月中旬頃
□2次(面接)
  • ③ 12月上旬頃

●3級(CBT)

  • ④ 6月下旬頃

受験地

●2級

□1次

東京、大阪

□2次(面接)

東京


●3級(CBT)

全国各地のCBTソリューションズ試験会場


受験料

●1級

30,000円(※受験料20,000円+認定料10,000円)
受験料の支払いは、書類審査(予備審査)後となります。


●2級

□1次

12,800円

□2次(面接)

13,800円


●3級・・・・9,800円


合格発表日

●1級

審査委員会発足後1年以内。


●2級


●3級

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

教育情報化コーディネータ認定委員会事務局(情報ネットワーク教育活用研究協議会 03-3407-5875) メール
CBTソリューションズ 03-5209-0553


ホームページ

教育情報化コーディネータ検定試験公式サイト

CBTソリューションズ(3級)


参考書・問題集

この資格の書籍はこちら


ITCE検定試験(教育情報化コーディネータ検定試験)に関連する資格

ICT支援員能力認定試験  小学校教諭免許状  中学校教諭免許状  高等学校教諭免許状