民間資格 キッチンスペシャリスト

キッチンスペシャリストとは?

キッチンスペシャリストとは、キッチン空間に設置されている各種設備機器について、生活者の相談に応じた多様化する生活者ニーズに対応する知識と経験を持ったキッチン空間づくりの専門家です。
キッチンスペシャリスト資格の登録有効期間は5年間です。登録を継続する場合は、所定の手続きが完了すると更新されます。申請期間内に登録手続きが完了しない場合は「登録する権利」が失効します。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格  更新が必要な資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年合格率は、
学科:49.4%
実技:34.3%ほど。
女性の比率が高いが、近年男性の受検比率も上がっています。
就職は? 主としてキッチン空間構成要素の製造・販売・設計・施工業等の企業、建築、住宅設備関連企業や、その小売店・販工店など。
仕事内容は? 消費者によりよいキッチン空間を提案するコンサルティング業務のほか、ガス、電気、水道等の防災対策、建築構造との取り合い等についての知識と経験も求められます。女性の感性や生活感覚を十分発揮できる仕事です。

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●学科(マークシート択一式:40問/120分)

□住居と食生活に関すること
  • ① 家族と生活の変化(生活時間と家事等)
  • ② 食生活とキッチン・料理(食品と調理技術等)
  • ③ 住いの歴史と設備・環境
  • ④ キッチン・バスのタイプ、レイアウトと水廻り
  • ⑤ 食関連法規
□キッチン空間に関すること
  • ① キッチンのプランニング(プランのまとめ等)
  • ② キッチンの人間工学(調理の動作空間等)
  • ③ キッチンの室内環境(採光と照明・換気・給排水・音等)
  • ④ キッチンのインテリア(カラースキーム・インテリアスタイル等)
  • ⑤ 環境関連法規
□キッチン機能に関すること
  • ① システムキッチンの構成材(規格・構成材等)
  • ② 部品部材のハードウェア(主要なキャビネット等)
  • ③ ビルトイン機器(冷凍冷臓庫・食器洗い乾燥機・過熱調理器等)
  • ④ 電気・ガス・水道の基礎(電気設備・ガス設備等)
  • ⑤ 設備関連法規・JIS・ISO
□キッチン設計施工に関すること
  • ① キッチンと設計図書(表現図法・設計図書等)
  • ② 設計実務(設計条件の把握・図面作成等)
  • ③ 施工実務(施工条件の把握・施工図面作成等)
  • ④ 設計施工の実務(プレゼンテーション事例・設計施工例等)
  • ⑤ 建築関連法規
□キッチン販売に関すること
  • ① マーケティング
  • ② コンサルティング(販売の基礎・顧客開拓等)
  • ③ 販売実務(実務知識等)
  • ④ 販売活動(事例研究等)
  • ⑤ 販売関連法規

●実技(記述式/150分)

以下の図面表現を含む、キッチン廻りの企画・提案に関する筆記試験

  • ① 関係法規、計画与条件の把握
  • ② 機器・部材に関する知識と構成
  • ③ 提案を説明する文章、スケッチの作成
  • ④ 平面図、展開図などの図面の作成
  • ⑤ 説得力のあるプレゼンテーションの作成

合格基準

満点中、おおよそ70%以上の得点率で合格となります。


免除(科目等)について

学科試験または実技試験のどちらかに合格した場合は、次年度から3年間、合格した試験が免除されます。


身体上の障害等に係る特別措置について

特別措置を希望する方は、受験申請前にインテリアコーディネーター資格試験運営事務局へお問い合わせください。


願書申込み受付期間

インターネット申込:
9月中旬〜10月下旬頃まで

インターネットで申し込みができない方は、キッチンスペシャリスト資格試験運営事務局まで、メールまたは電話にて受験申込書の請求を行って下さい。 申込期間:9月中旬〜10月中旬頃まで


試験日程

12月上旬頃


受験地

北海道、岩手、宮城、群馬、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄


受験料(税込み)

学科・実技同時受験・・・・14,300円
学科のみ<先取り/免除>・・・・11,000円
実技のみ<先取り/免除>・・・・11,000円


合格発表日

2月中旬頃

学科・実技試験の2科目に合格後、登録料(14,300円:5年間、税込み)を納付して登録申請をすると、キッチンスペシャリストの資格が登録されます。登録がすむと、「キッチンスペシャリスト認定書」と「認定カード」が交付されます。
有効期間は、認定した日より5年間です。所定の手続きにより更新が出来ます。


合格後の更新について

キッチンスペシャリストの有効期間は5年間です。
更新するためには、登録を継続する場合は、登録してから4年目に行われる所定の研修等を受講し、更新手数料(14,300円)を納付することで更新することができます。(受講期間が過ぎて締まった場合は、レポート提出)
また、期限内に更新手続きができなかった場合は、HPの「お問い合わせ」から資格更新希望として連絡します。登録期限が3年以上経過している場合は、協会本部まで電話する必要があります。


受験申込・問合せ

公益社団法人 インテリア産業協会 キッチンスペシャリスト資格試験運営事務局
03-6380-8997
問い合わせフォーム


ホームページ

公益社団法人 インテリア産業協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


キッチンスペシャリストに関連する資格

建築士  インテリアプランナー  福祉住環境コーディネーター