民間資格 日本語教育能力検定

日本語教育能力検定とは?

日本語教育能力検定とは、日本語教員となるために学習している者、日本語教員として教育に携わっている者を対象として、日本語教育の実践につながる体系的な知識が基礎的な水準に達しているかどうか、状況に応じてそれらの知識を関連づけ多様な現場に対応する能力が基礎的な水準に達しているかどうかを認定する資格です。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。
近年合格率は、28.9%ほど。
就職は? 日本語学校講師、各種交流団体でのボランティアなど。経済や文化のグローバル化に伴い、日本語学習者は増加しているため、教育者としてのニーズも多く、将来性も高いと思われます。

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●試験の構成
試験I 90分 100点 原則として、出題範囲の区分ごとの設問により、日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定する。
試験II 30分 40点 試験Tで求められる「基礎的な知識」および試験Vで求められる「基礎的な問題解決能力」について、音声を媒体とした出題形式で測定する。
試験III 120分 100点 原則として出題範囲の区分横断的な設問により、熟練した日本語教員の有する現場対応能力につながる基礎的な問題解決能力を測定する。


●試験内容

1.社会・文化・地域
  • ① 世界と日本
  • 諸外国・地域と日本
  • 日本の社会と文化
  • ② 異文化接触
  • 異文化適応・調整
  • 人口の移動(移民・難民政策を含む。)
  • 児童生徒の文化間移動
  • ③ 日本語教育の歴史と現状
  • 日本語教育史
  • 日本語教育と国語教育
  • 言語政策
  • 日本語の教育哲学
  • 日本語及び日本語教育に関する試験
  • 日本語教育事情:世界の各地域,日本の各地域
  • ④ 日本語教員の資質・能力
2.言語と社会
  • ① 言語と社会の関係
  • 社会文化能力
  • 言語接触・言語管理
  • 言語政策
  • 各国の教育制度・教育事情
  • 社会言語学・言語社会学
  • ② 言語使用と社会
  • 言語変種
  • 待遇・敬意表現
  • 言語・非言語行動
  • コミュニケーション学
  • ③ 異文化コミュニケーションと社会
  • 言語・文化相対主義
  • 二言語併用主義(バイリンガリズム(政策))
  • 多文化・多言語主義
  • アイデンティティ(自己確認,帰属意識)
3.言語と心理
  • ① 言語理解の過程
  • 予測・推測能力
  • 談話理解
  • 記憶・視点
  • 心理言語学・認知言語学
  • ② 言語習得・発達
  • 習得過程(第一言語・第二言語)
  • 中間言語
  • 二言語併用主義(バイリンガリズム)
  • ストラテジー(学習方略)
  • 学習者タイプ
  • ③ 異文化理解と心理
  • 社会的技能・技術(スキル)
  • 異文化受容・適応
  • 日本語教育・学習の情意的側面
  • 日本語教育と障害者教育
4.言語と教育
  • ① 言語教育法・実技(実習)
  • 実践的知識・能力
  • コースデザイン(教育課程編成),カリキュラム編成
  • 教授法
  • 評価法
  • 教育実技(実習)
  • 自己点検・授業分析能力
  • 誤用分析
  • 教材分析・開発
  • 教室・言語環境の設定
  • 目的・対象別日本語教育法
  • ② 異文化間教育・コミュニケーション教育
  • 異文化間教育・多文化教育
  • 国際・比較教育
  • 国際理解教育
  • コミュニケーション教育
  • 異文化受容訓練
  • 言語間対照
  • 学習者の権利
  • ③ 言語教育と情報
  • データ処理
  • メディア/情報技術活用能力(リテラシー)
  • 学習支援・促進者(ファシリテータ)の養成
  • 教材開発・選択
  • 知的所有権問題
  • 教育工学
5.言語一般
  • ① 言語の構造一般
  • 言語の類型
  • 世界の諸言語
  • 一般言語学・日本語学・対照言語学
  • 理論言語学・応用言語学
  • ② 日本語の構造
  • 日本語の構造
  • 音声・音韻体系
  • 形態・語彙体系
  • 文法体系
  • 意味体系
  • 語用論的規範
  • 文字と表記
  • 日本語史
  • ③ コミュニケーション能力
  • 受容・理解能力
  • 言語運用能力
  • 社会文化能力
  • 対人関係能力
  • 異文化調整能力



合格基準

実施会により異なりますが、240点満点中、おおよそ65〜71%(163〜168点)以上の得点で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

受験上特別な措置が必要な場合は、願書提出前に本協会へ電話(03-5454-5215)で連絡し、「受験上の配慮申請書」を取り寄せて必ず願書と一緒に提出してください。可能な限り対応してもらえます。(出願時に申請がない場合は対応できません。)


願書申込み受付期間

7月上旬〜8月上旬頃まで


試験日程

10月下旬頃


受験地

札幌、仙台、東京、愛知、大阪、兵庫、岡山、福岡


受験料(税込み)

14,500円


合格発表日

12月下旬頃

日本の大学(大学院及び短期大学を含む)に在籍する日本人学生及び私費外国人留学生で、日本語教育能力検定試験に合格し、日本語指導者を目指す方には、奨学金が支給されます。詳しくは在籍する大学の台頭窓口までお問い合わせ下さい。

JEES日本語教育普及奨学金問合せ先
公益財団法人 日本国際教育支援協会 学生支援部 国際教育支援室
〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング12階
TEL:03-5454-5274
FAX:03-5454-5242
電子メール:ix@jees.or.jp


受験申込・問合せ

公益財団法人 日本国際教育支援協会 日本語教育普及課 検定係
03-5454-5215


ホームページ

公益財団法人 日本国際教育支援協会


参考書・問題集

資格をとるなら【BrushUP学びで無料資料請求】


関連書籍はこちら


日本語教育能力検定に関連する資格

TOEICテスト  TOEFL  国際連合公用語英語検定


日本語教育能力検定

 がとれる通信教育・スクール

資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・