民間資格 電子ファイリング検定

電子ファイリング検定とは?

イメージファイルやHTMLで記述されたWEB情報、XML、PDFなど多様な形態による膨大な電子データのライフサイクル管理などのスキルを認定する資格です。
電子ファイリング検定A級有資格者は、公文書管理検定科目の「電子文書管理のための情報技術」が免除されます。
平成28年12月から試験方式をCBTに変更され、受験料も変更となります。(試験内容については変更があるかは不明)変更後の内容は赤字で以下に記載しております。
  コンビニで申込みできる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
合格率はA級25%、B級55%ほど。
事務職の女性やキャリアアップを目指す方にお勧めです。
就職は? すべての企業で有効。この資格だけでは就職は難しいが、組織内におけるトータル・ファイリングシステムの実務知識はビジネスに欠かせないものであり、簿記などのホワイトカラー系の資格と合わせれば、有効に働きます。
仕事内容は? 電子情報をファイリングし、運用・管理および多様な形態による膨大な電子データのライフサイクル管理などを行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●A級(70問+記述/90分)

□経営と文書・情報管理
  • ① 組織経営と文書管理・記録管理の役割
  • ② 官公庁の文書・記録管理
  • ③ 管理の対象となる文書の考え方
□トータル・ファイリングシステムの電子化
  • ① 電子化されたトータル・ファイリングシステムの全体像
  • ② システムの全体像
  • ③ 文書の配送、配布
  • ④ 保管文書の活用とトータル・ファイリングシステム
  • ⑤ 保存する文書の維持
  • ⑥ クラウドサービスの活用
  • ⑦ 電子文書の処分
  • ⑧ プロジェクトの推進
□国際的な動向
  • ① 国際的な標準化団体
  • ② 電子文書とISO
  • ③ 電子記録マネジメント
  • ④ 日本の電子文書の現状と課題

●B級(100問/60分)

□電子文書とトータル・ファイリングシステム
  • ① 経営活動と電子文書管理
  • ② トータル・ファイリングシステムとは
  • ③ トータル・ファイリングシステムの電子文書への応用
  • ④ 電子文書の利点と留意点
  • ⑤ オフィスワークの向上とトータル・ファイリングシステム
  • ⑥ 文書は機密情報
  • ⑦ 情報管理の基盤
□トータル・ファイリングシステムにおける電子文書の扱い
  • ① オフィス業務とトータル・ファイリングシステムの役割
  • ② 文書作成の目的
  • ③ 電子文書の伝達
  • ④ 活用の方法
  • ⑤ 保管、保存、処分の基礎
□電子文書を取り巻く動向
  • ① 概況
  • ② 電子化戦略の推移と課題

合格基準

各級とも、満点中、70%以上の正答率で合格となります。


願書申込み受付期間

@3月上旬〜5月下旬頃まで
A9月中旬〜11月中旬頃


10月上旬〜


試験日程

@6月下旬頃
A12月中旬頃(年2回)


11月下旬〜12月下旬頃までの都合のよい日時


受験地

札幌、仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、福岡


全国のテストセンター(約170会場)


受験料(税込み)

●A級・・・・7,560円
●B級・・・・5,400円


●A級・・・・8,640円
●B級・・・・6,480円


合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


試験終了後、即時


合格後の更新について

電子ファイリング検定の有効期限は3年間です。更新することにより、3年間の有効期限が得られます。
資格取得後、6年間で1度も更新手続きをしないと、資格が失効します。代わりに3回更新手続きを行うことにより、永年資格となります。
更新(資格継続審査)手数料
●A級・・・・7,560円
●B級・・・・3,240円


受験申込・問合せ

一般社団法人 日本経営協会 03-3403-1472

ホームページ

一般社団法人 日本経営協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


電子ファイリング検定に関連する資格

ファイリング・デザイナー検定  公文書管理検定  文書情報管理士