民間資格 接客サービスマナー検定

接客サービスマナー検定とは?

接客サービスマナー検定とは、ワンランク上の上質な接客サービスが求められる業界での立ち居振る舞いや接客サービスの基本からビジネスマナーなどの様々な知識・技能の能力を判定する検定試験です。ビジネスの世界でお客様に対して好印象を持っていただけるような人材の育成を大きな目的としています。
  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? 1級:★★☆☆☆(やや易しい)。2級、3級★☆☆☆☆(やさしい)。
近年合格率は、1級:14.3%、準1級:43.8%、2級:52.2%、3級:61.0%
就職は? エアライン・ホテル・旅行・ブライダル業界などの接客業全般。企業内はもちろん、普段の生活において、持っていても損はない資格です。
仕事内容は? あらゆる場面での高度な、接客業務を行います。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●学科(多肢選択式 1級:65問/80分、準1級:65問/80分、2〜3級:50問/60分)

□筆記(1級〜3級)

@基礎問題(敬語・席順・電話の応対など)、Aビジネスマナー、
B漢字の読み書き、C外国人のお客様への対応、Dシチュエーション問題、
Eサービス全般

□実技(面接:1級・準1級)

対人技能、接客マナーをグループおよび個人での口頭試問


筆記試験内容は準1級〜3級まで範囲は変わらず、各級によってレベル設定が異なります。


合格基準

●1級

筆記試験:100点満点中、おおよそ75点以上で合格となります。
実技試験:個人面接・シチュエーションに基づくロールプレイング実技を合計して60%以上のポイント取得で合格となります。

●準1級

筆記試験:100点満点中、60〜65点以上で合格となります。
実技試験:個人面接・シチュエーションに基づくロールプレイング実技を合計して60%以上のポイント取得で合格となります。

●2級・・・・100点満点中、60〜65点以上で合格となります。
●3級・・・・100点満点中、おおよそ70点以上で合格となります。


免除(科目等)について

●1級、準1級

筆記試験のみの合格者は、その後1年間に限り、筆記試験が免除されます。


願書申込み受付期間

@11月上旬〜1月中旬頃まで
A2月上旬〜4月上旬頃まで
B5月中旬〜7月上旬頃まで
C8月上旬〜10月上旬頃まで


試験日程

□筆記試験(1級一次〜3級)

@2月中旬頃
A5月中旬頃
B8月上旬頃
C11月上旬頃(年4回)

□面接試験(1級、準1級)

@3月中旬頃
A6月上旬頃
B9月上旬頃
C12月上旬頃(年4回)


受験地

□筆記試験(1級一次〜3級)

札幌、仙台、東京、横浜、千葉、埼玉、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、
広島、福岡、那覇

□面接試験(1級・準1級)

東京、大阪


受験料(税込み)

●1級・・・・12,000円
●準1級・・・・9,000円
●2級・・・・7,000円
●3級・・・・5,000円

3級・2級・準1級・1級のW受検、トリプル受検が可能です。


合格発表日

試験日から約3週間後


受験申込・問合せ

日本サービスマナー協会
  • 東京本部 03-6278-7051
  • 大阪本部 06-6809-4141
  • 名古屋支部 052-684-8271
  • 福岡支部 092-724-7091

ホームページ

日本サービスマナー協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


接客サービスマナー検定に関連する資格

レストランサービス技能士  ホテル実務技能認定試験  サービス接遇検定