民間資格 介護予防運動スペシャリスト

介護予防運動スペシャリストとは?

高齢社会における緊急課題である 要介護予防に対する社会的ニーズに対応するため、要介護者等の自立支援に必要不可欠である“身体機能の回復・維持・向上を主たる目的にした資格です。
  講習プラス試験で取れる資格  更新が必要な資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
講習後の規定のレポートを提出すればほとんどの方が合格します
就職は? 介護現場では、ニーズはあるが運動指導ができる人材がいないためこの資格を元に指導ができます。またスポーツクラブなどでも近年、中高齢者の方が介護にならないための運動プログラムが盛んに行なわれているためぜひ取得しておきたい資格です。
仕事内容は? 要介護者等(高齢者、障害者を含む)に対する要介護予防運動の指導に携わります。

関連書籍はこちら

 資 格 概 要

受講資格

●介護予防運動スペシャリスト

  1. 満18歳以上で当協会の中高老年期運動指導士、スポーツクラブインストラクターの資格を取得されている方、または介護福祉士、健康運動指導士など所定の介護系または運動系の資格を取得(申込時に証明書コピーを提出)されている方
  2. 大学、短大及び専門学校で、福祉、介護、保健、体育、スポーツ関係の資格取得見込(学生証のコピーを提出)の満18歳以上の方

●上級介護予防運動スペシャリスト

  1. 満18歳以上で当協会の中高老年期運動指導士、スポーツクラブインストラクターの資格を取得されている方、または介護福祉士、健康運動指導士など所定の介護系または運動系の資格を取得(申込時に証明書コピーを提出)されている方
  2. 大学、短大及び専門学校で、福祉、介護、保健、体育、スポーツ関係の資格取得見込(学生証のコピーを提出)の満18歳以上の方

受講内容

●介護予防運動スペシャリスト(3日間)

  • ① 介護予防運動論(講義・実技/90分)
  • ② 測定評価論と測定の実際(講義・実技/90分)
  • ③ 身体運動理論(講義/60分)
  • ④ 中高老年期及び要介護者の身体特性論(講義/90分)
  • ⑤ 理学療法的視点からの介護予防運動論(講義/60分)
  • ⑥ 筋力及び持久力の維持に関する運動の実践(講義・実技/120分)
  • ⑦ 中高老年の救急救護法(講義・実技/120分)
  • ⑧ リハビリテーション医学に関する知識(講義/90分)
  • ⑨ 医学的視点からの介護予防論(講義/60分)
  • ⑩ 調整力及び柔軟性の向上に関する運動の実践(講義・実践/120分)

●上級介護予防運動スペシャリスト

  • ① 我が国の介護予防施策の現状と課題(講義/90分)
  • ② 要介護者の疾病特性論(講義/60分)
  • ③ 介護予防のための食習慣と食育(講義/60分)
  • ④ 要介護者のリハビリテーションのための医学専門知識(講義/90分)
  • ⑤ 介護予防に関する運動の方法と実践〜理学療法士の立場から〜(講義・実技/90分)
  • ⑥ 疲労回復のためのマッサージの理論と実際(講義・実技/90分)
  • ⑦ 上級介護予防運動スペシャリストの役割(研究協議/60分)

受講申込み受付期間

実施先まで、お問い合わせください。


受講日程

●介護予防運動スペシャリスト

2月上旬頃の3日間


●上級介護予防運動スペシャリスト

3月上旬頃の2日間


受講地

東京


受講料(税込み)

●介護予防運動スペシャリスト

30,000円(維持会員は27,000円)
レポート審査料 2,000円


●上級介護予防運動スペシャリスト

17,000円
レポート審査料 2,000円


合格発表日

●介護予防運動スペシャリスト

認定料・・・・1,000円
登録料(2年間)・・・・ 6,000円が別途必要になります。


●上級介護予防運動スペシャリスト

認定料・・・・1,000円
登録料(2年間)・・・・ 10,000円が別途必要になります。


合格後の更新について

介護予防運動スペシャリスト、上級介護予防運動スペシャリストの有効期間は2年間です。
資格の更新を行わなかった場合は、資格が失効します。


受講申込・問合せ

公益財団法人 日本スポーツクラブ協会 03-5786-3261

ホームページ

公益財団法人 日本スポーツクラブ協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


介護予防運動スペシャリストに関連する資格

スポーツ指導者  中高老年期運動指導士  トレーニング指導士