国家資格 採石業務管理者

採石業務管理者とは?

採石業務管理者とは、採石採取場において、岩石採取、災害防止・教育、災害時の調査、対策を講じる採石業務の専門家です。採石業務管理者を取得後1年以上の実務経験者は、公害防止管理者の【水質関係第4種】、【一般粉じん関係】の受験資格が得られます。
  業務独占資格  必置資格  実務経験なしで受験できる国家資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★☆☆☆(やや易しい)。
近年の全国平均合格率は37%ほど。
就職は? 採石業者。事務所ごとに採石業務管理者を置かなければならないため、スペシャリストとして、建設・土木業界、砂利採取業界で活躍が期待できます。
仕事内容は? 採取計画の作成・変更の参画、岩石の採取および災害の防止、教育の計画の立案・実施などを行います。

問題集はこちら

 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

  • ① 岩石の採取に関する法令事項
  • ② 岩石の採取に関する技術的な事項

合格基準

各科目ごとに、概ね70%以上の得点率で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

各県採石担当課までお問い合わせ下さい。


願書申込み受付期間

詳細は、各都道府県の広報にて確認して下さい。


試験日程

詳細は、各都道府県の広報にて確認して下さい。(年1回以上)


受験地

詳細は、各都道府県の広報にて確認して下さい。


受験料

8,000円


合格発表日

詳細は、各都道府県の広報にて確認して下さい。


受験申込・問合せ

  • 資源エネルギー庁資源・燃料部鉱物資源課 03-3501-1511(代表)内線:4701〜4706
    または、03-3501-9918(直通)
  • 各県採石担当課、建設部河川課など。

ホームページ

経済産業省


参考書・問題集

問題集はこちら


採石業務管理者に関連する資格

砂利採取業務主任者  採石掘削作業主任者