民間資格 不動産知識検定試験

不動産知識検定試験とは?

不動産知識検定試験とは、不動産に関連する複雑な法令、実務に関する知識ついて横断的に知識を得ていることを認定する検定試験です。
  自宅・ネットで取れる資格  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? ★☆☆☆☆(やさしい)。
合格率は非公開。
宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター、弁護士、税理士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、司法書士、建築士が扱う法務、実務に関する問題が出題され、広く浅い知識が求められます。
就職は? この資格だけで就職は難しいが、不動産取引に際に起こりうる大小のトラブルに巻き込まれること無く、円滑な不動産活用や取引を行える様に不動産知識を身につけておくために有効な資格です。

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

制限無し
但し、郵送の都合上、国内在住の方に限る。


試験内容

(四肢選択式:50問)

  • ① 不動産の保有、活用、取引に関連する法令及び実務の知識

合格基準

100点満点中、70点以上で合格となります。


願書申込み受付期間

随時


試験日程

随時


受験地

自宅
試験問題用紙が代引きで送付されます。


受験料(税込み)

5,500円


合格発表日

解答用紙受領後概ね1か月後にメールで通知。


受験申込・問合せ

不動産知識普及協議会
お問い合わせフォーム


ホームページ

一般社団法人 不動産相談協会


参考書・問題集

関連書籍はこちら


不動産知識検定試験に関連する資格

宅地建物取引士  不動産鑑定士  不動産コンサルティング技能試験  不動産仲介士