民間資格 オラクル認定技術者制度

オラクル認定技術者制度とは?

オラクル認定技術者制度とは、世界で高いシェアと評価を受けているリレーショナル・データベースに関する技術者を認定する資格です。
  自宅・ネットで取れる資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料をクレジットカード払いにできる資格  身体上の障害等に係る特別措置がある資格

その他情報

難易度は? ★★★★☆(やや難しい)。★★☆☆☆(やや易しい)。
合格率は非公開です。Gold以上はスクールなどを利用した方がよい。
就職は? システム関連企業や企業のシステム開発部門など。ITの進化に伴い、Gold以上を取得した高度な情報処理技術とデータベース技術を有する技術者の需要は非常に多く、就・転職の際に非常に有利で、今後もその傾向がますます強まる物と思われます。
仕事内容は? Oracle(PL/SQL)を使用した、開発業務、アプリケーション・サーバー構築、システムのデータベース管理及び保守・運用等を行います。
年収は? システムコンサルタント・設計者の平均年収は690.0万円(賞与込)です。

2020年 男性  給料


 

2020年 女性  給料


平均年収:734.2万円
平均月収:46.6万円
平均時給:2,621円
年間賞与等:174.1万円
平均年齢:40.6歳
平均勤続年数:13.9年

 

平均年収:536.8万円
平均月収:34.9万円
平均時給:2,018円
年間賞与等:117.7万円
平均年齢:35.3歳
平均勤続年数:7.8年

(2020年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

参考書はこちら    問題集はこちら


 資 格 概 要

受験資格

制限なし


試験内容

●ORACLE MASTER Bronze DBA 2019

ORACLE MASTER Bronze DBA 2019を取得するためには、Bronze DBA Oracle Database Fundamentals(1Z0-085-JPN)に合格する事で認定されます。

□【1Z0-085-JPN】Bronze DBA Oracle Database Fundamentals(選択問題:70問/120分)
  • ① Oracleデータベース管理の概要
  • リレーショナル・データベースおよびSQLの理解
  • Oracleインスタンスおよびデータベースのコンポーネントの理解
  • データベース・ファイルの理解
  • Oracleデータベースの管理に使用するツールの定義
  • Oracleデータベースの重要な用語の理解
  • Oracleデータベース運用上の要点の理解
  • ② Oracle Enterprise Manager Database Express およびSQL管理ツールの使用
  • Enterprise Manager Database Express の起動
  • Enterprise Manager Database Express の使用
  • Enterprise Manager Expressへのアクセス
  • SQL*Plus の使用
  • ③ Oracleインスタンスの管理
  • Oracleインスタンスの起動および停止
  • Oracleインスタンスの構成に使用されるパラメータの表示と変更
  • Oracleインスタンスのメモリー・コンポーネントの管理
  • ④ ユーザーおよびセキュリティの管理
  • ユーザーおよびセキュリティの管理
  • ユーザーの作成および管理
  • ユーザーがデータベース操作を実行するための権限の付与
  • ロールの作成および管理
  • ⑤ データベースの監視およびアドバイザの使用
  • Oracle自己監視アーキテクチャの説明
  • パフォーマンス・アドバイザを使用したデータベース・パフォーマンスの最適化
  • ⑥ Oracleデータベースのインストールおよびデータベースの作成
  • Oracleデータベース・ソフトウェアのインストール
  • Oracleデータベースの作成
  • ⑦ Oracle Network環境の構成
  • Oracle Network構成の説明
  • リスナー制御ユーティリティの使用
  • Oracleデータベースにアクセスするためのクライアントの構成
  • ⑧ データベース記憶域構造の管理
  • データベース記憶域構造の作成と管理
  • データベースへの変更の取り消しと一貫性を維持するための構造の管理
  • ⑨ スキーマ・オブジェクトの管理
  • データベース表の作成および変更
  • データベース・オブジェクトの追加作成

●ORACLE MASTER Silver DBA 2019

ORACLE MASTER Silver DBA 2019を取得するためには、Oracle Database Administration I(1Z0-082-JPN)に合格する事で認定されます。

□【1Z0-082-JPN】Oracle Database Administration I(選択問題:90問/150分)
  • ① Oracle Databaseアーキテクチャの理解
  • Oracle Databaseインスタンス構成の理解
  • Oracle Databaseのメモリーおよびプロセスの構造の理解
  • 論理データベース構造および物理データベース構造の理解
  • Oracle Databaseサーバー・アーキテクチャの理解
  • ② ユーザー、ロールおよび権限の管理
  • ユーザーへの割当て制限の割当て
  • 権限の最小化の原則の適用
  • プロファイルの作成および割当て
  • ユーザー認証方法の管理
  • Oracle Databaseのユーザー、権限およびロールの管理
  • ③ データの移動
  • 外部表の使用
  • Oracle Data Pumpの使用
  • SQL*Loaderの使用
  • ④ Oracle Net Servicesの設定
  • Oracle Net Services Administration Toolsの使用
  • データベース・インスタンス間の通信の設定
  • Oracle Net Listenerの設定
  • Oracle Databaseインスタンスへの接続
  • 専用サーバー構成と共有サーバー構成の比較
  • ネーミング・メソッドの管理
  • ⑤ UNDOの管理
  • トランザクションおよびUNDOデータの理解
  • UNDO情報の格納
  • UNDO保存の設定
  • UNDOデータとREDOデータの比較
  • 一時UNDOの理解
  • ⑥ 変換関数および条件式の使用
  • NVL、NULLIFおよびCOALESCE関数のデータへの適用
  • 暗黙的および明示的なデータ型変換の理解
  • TO_CHAR、TO_NUMBERおよびTO_DATE変換関数の使用
  • 複数の関数のネスト
  • ⑦ SET演算子の使用
  • SELECT文の照合
  • set演算でのORDER BY句の使用
  • INTERSECT演算子の使用
  • MINUS演算子の使用
  • UNIONおよびUNION ALL演算子の使用
  • ⑧ ビューの管理
  • ビューの管理
  • ⑨ SQLのSELECT文を使用したデータの取得
  • 列別名の使用
  • DESCRIBEコマンドの使用
  • SQLのSELECT文の使用
  • 連結演算子、リテラル文字列、代替引用符演算子およびDISTINCTキーワードの使用
  • SELECT文での算術式およびNULL値の使用
  • ⑩ グループ関数を使用した集計データのレポート
  • グループの結果の制限
  • データのグループの作成
  • グループ関数の使用
  • ⑪ DML文を使用した表の管理
  • データベース・トランザクションの管理
  • データ操作言語の使用
  • トランザクションの制御
  • ⑫ スキーマ・オブジェクトの管理
  • 一時表の作成および使用
  • 制約の管理
  • ⑬ データベース・インスタンスの管理
  • Oracle Databaseインスタンスの起動
  • データ・ディクショナリ・ビューの使用
  • Oracle Databaseインスタンスの停止
  • 動的パフォーマンス・ビューの使用
  • 自動診断リポジトリ(ADR)の使用
  • アラート・ログとトレース・ファイルの使用
  • 初期化パラメータ・ファイルの管理
  • ⑭ ストレージの管理
  • 再開可能領域割当ての管理
  • セグメントの縮小
  • セグメント作成の遅延
  • 領域節約機能の使用
  • Oracle Databaseの領域管理機能のデプロイ
  • 様々なタイプのセグメントの管理
  • 表および行の圧縮の使用
  • ブロック領域管理の理解
  • ⑮ Oracleが提供するツールを使用したOracle Databaseへのアクセス
  • Database Configuration Assistant(DBCA)の使用
  • Oracle Enterprise Manager Cloud Controlの使用
  • Oracle Enterprise Manager Database Expressの使用
  • SQL Developerの使用
  • SQL Plusの使用
  • ⑯ 表領域およびデータファイルの管理
  • 表領域情報の表示
  • 表領域の作成、変更および削除
  • 表のデータ・ストレージの管理
  • Oracle Managed Filesの実装
  • オンライン・データ・ファイルの移動および名前変更
  • ⑰ データの制限およびソート
  • 式内の演算子に対する優先順位ルールの適用
  • SQL文で返される行の制限
  • 置換変数の使用
  • DEFINEおよびVERIFYコマンドの使用
  • ⑱ 結合を使用した複数の表のデータの表示
  • 自己結合の使用
  • 様々なタイプの結合の使用
  • 非等価結合の使用
  • 外部結合の使用
  • ⑲ データ定義言語の理解
  • データ定義言語の使用
  • ⑳ 異なるタイム・ゾーンでのデータの管理
  • CURRENT_DATE、CURRENT_TIMESTAMPおよびLOCALTIMESTAMPの使用
  • INTERVALデータ型の使用
  • ㉑ 単一行関数を使用した出力のカスタマイズ
  • SQLのSELECT句およびWHERE句における文字関数を使用した文字列の操作
  • 日付データの算術演算の実行
  • ROUND、TRUNCおよびMOD関数を使用した数値の操作
  • 日付関数を使用した日付の操作
  • ㉒ 副問合せを使用した問合せの解決
  • 単一行の副問合せの使用
  • 複数行の副問合せの使用
  • ㉓ シーケンス、シノニムおよび索引の管理
  • 索引の管理
  • シノニムの管理
  • シーケンスの管理

●ORACLE MASTER Gold DBA 2019

ORACLE MASTER Gold DBA 2019を取得するためには、ORACLE MASTER Silver DBA 2019認定後、Oracle Database Administration II(1Z0-083-JPN)に合格する事で認定されます。

□【1Z0-083-JPN】Oracle Database Administration II(選択問題:85問/150分)
  • ① CDBと通常のPDBの作成
  • CDBの設定および作成
  • CDBシードからの新しいPDBの作成
  • PDBの構造の確認
  • ② CDBおよびPDBの管理
  • PDBサービス名および接続の管理
  • CDBとPDBの起動、停止および可用性の管理
  • PDBの様々なモードおよび設定の変更
  • パラメータ値の変更の影響評価
  • CDBおよびPDBのパフォーマンス管理
  • Oracle Resource Managerを使用したCDBおよびPDBのリソース使用量の制御
  • ③ バックアップと複製
  • CDBおよびPDBのバックアップとリカバリの実行
  • アクティブなPDBの複製
  • データベースの複製
  • ④ CDBと通常のPDBのアップグレードおよび転送
  • Oracle Databaseのアップグレード
  • ⑤ バックアップの方法および用語
  • 完全バックアップ、増分バックアップおよびリカバリの実行
  • RMANバックアップの圧縮および暗号化
  • メディア・マネージャの使用
  • 非常に大きいファイルのマルチセクション・バックアップの作成
  • 二重化バックアップ・セットの作成
  • アーカイブ・バックアップの作成
  • リカバリ・ファイルのバックアップ
  • データベース・ファイル以外のファイルのバックアップ
  • ASMメタデータのバックアップ
  • ⑥ リストアとリカバリの概念
  • 障害状況に最適なOracle Databaseリカバリ・テクノロジの使用
  • クラッシュ・リカバリ、完全リカバリおよびポイント・イン・タイム・リカバリのリカバリ・テクノロジの説明と使用
  • ⑦ フラッシュバック・テクノロジの使用
  • フラッシュバックをサポートするためのデータベースの設定
  • フラッシュバック操作の実行
  • ⑧ データベースの複製
  • データベースの複製
  • ⑨ Grid InfrastructureおよびOracle Databaseのインストール
  • スタンドアロン・サーバー用のGrid Infrastructureのインストール
  • Oracle Databaseソフトウェアのインストール
  • ⑩ Grid InfrastructureおよびOracle Databaseへのパッチ適用
  • Grid InfrastructureおよびOracle Databaseへのパッチ適用
  • ⑪ Oracle Databaseのアップグレード
  • Oracle Databaseのアップグレード計画
  • Oracle Databaseのアップグレード
  • アップグレード後の作業の実行
  • ⑫ スタンドアロン・サーバー用のGrid Infrastructureのインストール
  • 高速ホーム・プロビジョニング
  • ⑬ 可用性拡張機能の使用
  • RMANリカバリ・カタログの使用
  • フラッシュバック・データベースの使用
  • ⑭ SQL文のチューニング
  • Oracleオプティマイザの理解
  • SQLチューニング・アドバイザの使用
  • オプティマイザ統計の管理
  • SQLアクセス・アドバイザの使用
  • SQLチューニング・プロセスの理解
  • ⑮ アプリケーションPDBの管理
  • アプリケーション・ルートとアプリケーション・シードの目的の説明
  • アプリケーションPDBの定義および作成
  • アプリケーションのインストール、アップグレードおよびパッチ適用
  • アプリケーションPDBの作成および管理
  • PDBおよびアプリケーション・コンテナのクローニング
  • PDBおよびアプリケーション・コンテナを使用したプラグ操作とアンプラグ操作
  • ローカルUNDOモードと共有UNDOモードの比較
  • ⑯ マルチテナント・データベースのセキュリティの管理
  • マルチテナント・データベースのセキュリティの管理
  • PDBロックダウン・プロファイルの管理
  • CDBおよびPDBのユーザーの監査
  • アプリケーション・コンテナでの他のタイプのポリシーの管理
  • ⑰ リカバリとフラッシュバック
  • RMANを使用したデータベースのリストアおよびリカバリ
  • CDBおよびPDBのフラッシュバックの実行
  • ⑱ RMANの設定および使用
  • リカバリ可能性のためのRMANおよびデータベースの設定
  • RMANリカバリ・カタログの設定および使用
  • ⑲ 障害の診断
  • データベースおよびデータベース・ブロックの破損の検出と修復
  • データベースの問題の診断
  • ⑳ リカバリの実行
  • RMANを使用したデータベースのリストアおよびリカバリ
  • RMAN以外によるデータベース・リカバリの実行
  • ㉑ データの転送
  • データの転送
  • ㉒ RMANのトラブルシューティングおよびチューニング
  • RMANのメッセージ出力の解釈
  • RMANのパフォーマンス問題の診断
  • ㉓ DBCAを使用したOracle Databaseの作成
  • DBCAを使用したデータベースの作成、削除および設定
  • ㉔ Oracle Restart
  • コンポーネントを管理するためのOracle Restartの設定および使用
  • ㉕ Oracle Database 18c: 新機能
  • イメージおよびRPMベースのデータベースのインストール
  • ㉖ データベース全体の一般的な拡張機能の使用
  • Oracle Databaseソフトウェアのインストール
  • DBCAを使用したデータベースの作成、削除および設定
  • CDBと通常のPDBの作成
  • 19cのその他の新機能の使用
  • ㉗ データベース・パフォーマンスの監視と調整
  • メモリー・コンポーネントの管理
  • 自動ワークロード・リポジトリ(AWR)の理解
  • アドバイザ・フレームワークの理解
  • 待機イベント、セッションおよびサービスの監視
  • メトリックしきい値およびアラートの管理
  • パフォーマンス・チューニング方法の理解および使用
  • パフォーマンス計画の実行
  • 自動データベース診断モニター(ADDM)の理解

●ORACLE MASTER Platinum DBA 2019

詳細未定


●ORACLE MASTER Silver SQL 2019

ORACLE MASTER Silver SQL 2019を取得するためには、Oracle Database SQL(1Z0-071-JPN)に合格する事で認定されます。

□【1Z0-071-JPN】Oracle Database SQL(選択問題:78問/120分)
  • ① リレーショナル・データベースの概念
  • リレーショナル・データベースの理論的および物理的な側面の説明
  • ERDのコンポーネントへのSQL Select文内の句の関連付け
  • データベースとSQLの関係の説明
  • ② データの制限とソート
  • 式の演算子に対する優先順位規則の適用
  • SQL文で返される行の制限
  • 置換変数の使用
  • DEFINEおよびVERIFYコマンドの使用
  • ③ 変換関数と条件式の使用
  • データへのNVL、NULLIFおよびCOALESCE関数の適用 暗黙的および明示的なデータ型変換の理解 TO_CHAR、TO_NUMBERおよびTO_DATE変換関数の使用 複数の関数のネスト
  • ④ 複数の表からのデータの表示
  • 自己結合の使用
  • 様々なタイプの結合の使用
  • 非等価結合の使用
  • 外部結合の使用
  • デカルト積の理解と使用
  • ⑤ SET演算子の使用
  • SELECT文の照合
  • set操作でのORDER BY句の使用
  • INTERSECT演算子の使用
  • MINUS演算子の使用
  • UNIONおよびUNION ALL演算子の使用
  • ⑥ 索引のシノニムとシーケンスの管理
  • 索引の管理
  • シノニムの管理
  • シーケンスの管理
  • ⑦ ビューの管理
  • ビューの管理
  • ⑧ データ・ディクショナリ・ビューを使用したオブジェクトの管理
  • データ・ディクショナリ・ビューの使用
  • ⑨ SQL SELECT文を使用したデータの取得
  • 列別名の使用
  • SQL SELECT文の使用
  • 連結演算子、リテラル文字列、代替引用符演算子、DISTINCTキーワードの使用
  • SELECT文での算術式とNULL値の使用
  • ⑩ 単一行関数を使用した出力のカスタマイズ
  • SQL SELECTおよびWHERE句での文字関数を使用した文字列の操作
  • 日付データを含む算術演算の実行
  • ROUND、TRUNCおよびMOD関数を使用した数値の操作
  • 日付関数を使用した日付の操作
  • ⑪ グループ関数を使用した集計データのレポート
  • グループ結果の制限
  • データ・グループの作成
  • グループ関数の使用
  • ⑫ 副問合せを使用した問合せの解決
  • 単一行の副問合せの使用
  • 複数行の副問合せの使用
  • 相関副問合せを使用した行の更新および削除
  • ⑬ DML文を使用した表の管理
  • データベース・トランザクションの管理
  • トランザクションの制御
  • 挿入、更新および削除操作の実行
  • 複数の表の挿入
  • Merge文の実行
  • ⑭ DDLによる表とその関係の管理
  • 表の説明と操作
  • 列およびデータ型の説明と操作
  • 表の作成
  • 列の削除とUNUSED列の設定
  • 表の切り捨て
  • 一時表の作成と使用
  • 外部表の作成と使用
  • 制約の管理
  • ⑮ ユーザー・アクセスの制御
  • システム権限とオブジェクト権限との差別化
  • 表に対する権限の付与
  • 権限の付与とロールの付与の区別
  • ⑯ 異なるタイム・ゾーンでのデータの管理
  • CURRENT_DATE、CURRENT_TIMESTAMPおよびLOCALTIMESTAMPの使用
  • INTERVALのデータ型の使用


合格基準

【1Z0-085-JPN】:65%以上の正答率で合格となります。
【1Z0-082-JPN】:60%以上の正答率で合格となります。
【1Z0-083-JPN】:57%以上の正答率で合格となります。
【1Z0-071-JPN】:63%以上の正答率で合格となります。


免除(科目等)について

移行パスに関する免除については、こちらをご覧下さい。


身体上の障害等に係る特別措置について

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。
また、申請内容によっては、医師による診断書等が必要になる場合や、審査や承認等にさらに時間がかかる場合もあります。

  • ① pvjppc@pearson.com宛てに申請書を依頼
  • ② ピアソンVUEから申請書、注意事項の案内
  • ③ Aに必要事項を記入(医師による記入が必要になる場合があります。)
  • ④ pvjppc@pearson.com宛てに申請書を送信(審査に1週間程度)
  • ⑤ 承認された場合はピアソンVUEから許可証がEメールで返信されます。
  • ⑥ 許可後、試験の予約を行って下さい。
    (申請書を送付してから予約申し込みまで2週間程度掛かります。)


許可証は発行日より1年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能

1年以内であれば、6か月間の期間延長を申請することも可能


願書申込み受付期間

随時


試験日程

祝日を除く、月〜土曜日


受験地

全国のピアソンVUEの公認試験会場


受験料(税込み)

1Z0-085-JPN・・・・29,400円
1Z0-082-JPN・・・・29,400円
1Z0-083-JPN・・・・29,400円
1Z0-071-JPN・・・・29,400円


合格発表日

試験終了後、即時


受験申込・問合せ

ピアソンVUE 0120-355-583


ホームページ

日本オラクル

ピアソンVUE


参考書・問題集

参考書はこちら    問題集はこちら


オラクル認定技術者制度に関連する資格

データベーススペシャリスト  シスコ技術者  XMLマスター  検索技術者検定


更新が必要な資格
オラクル認定技術者制度

 がとれる通信教育・スクール

資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・


Web/DTP・パソコン資格・プログラミング・ネットワークなど、初心者から個別指導で就転職まで徹底支援。好きな校舎や時間で通えます。