民間資格 水路測量技術検定

水路測量技術検定とは?

海洋の利用、開発、環境保全などのために水路測量に従事する技術者の技術の向上を図るための検定試験です。

その他情報

難易度は? ★★★☆☆(普通)。
合格率は、1級:20%、2級:18%ほど。
受験資格はないが、取得するためには実務経験が無いと難しいです。
就職先は? 測量業、地質調査業、建設コンサルタント業など。
仕事内容は? 海の利用・開発・環境保全のために水路測量を行います。
年収は? 測量技術者の平均年収は463.1万円(賞与込)です。

2020年 男性  給料


 

2020年 女性  給料


平均年収:472.6万円
平均月収:33.4万円
平均時給:1,867円
年間賞与等:71.5万円
平均年齢:45.0歳
平均勤続年数:13.0年

 

平均年収:356.7万円
平均月収:25.7万円
平均時給:1,482円
年間賞与等:47.2万円
平均年齢:36.0歳
平均勤続年数:8.7年

(2020年:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)

関連書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

●沿岸1級

沿岸域(港湾を含む。)の測量に関し実務経験5年以上の者。


●港湾1級

港湾及びその付近海域の測量に関し実務経験5年以上の者。


●沿岸2級、港湾2級

制限なし


試験内容

各課各級とも筆記試験(1次試験)と口述試験(2次試験)が行われます。
●沿岸1級

  • ① 法規
  • ② 基準点測量
  • ③ 水深測量
  • ④ 潮汐観測
  • ⑤ 海底地質調査

●沿岸2級

  • ① 基準点測量
  • ② 水深測量
  • ③ 潮汐観測
  • ④ 海底地質調査

●港湾1級

  • ① 法規
  • ② 基準点測量
  • ③ 水深測量
  • ④ 潮汐観測

●港湾2級

  • ① 基準点測量
  • ② 水深測量
  • ③ 潮汐観測

☆こんな問題が出ます



免除(科目等)について

次の各号に掲げる者は、申請により港湾2級の1次試験が免除されます。

  • 港湾の測量に関して6年以上の実務経験を有する者
  • 当協会が実施した「2級水路測量技術研修(港湾級)」を修了した者
  • 沿岸2級の1次試験の合格者
  • 沿岸1級及び港湾1級の1次試験の合格者
  • 指定された年度に1級水路測量技術研修(沿岸級)を修了した者。
  • 指定された年度に1級水路測量技術研修(港湾級)を修了した者。
  • 指定された年度に2級水路測量技術研修(沿岸級)を修了した者。

次の各号に掲げる者は、申請により試験科目が免除されます。

  • 各級(沿岸2級を除く)の1次試験及び2次試験で合格点に達した場合、2回目以降の試験において、合格した科目が免除されます。
  • 測量士登録者は、申請によりすべての級の試験において、基準点測量科目の試験が免除されます。
  • 測量士補登録者は、港湾2級の試験において、申請により基準点測量科目の試験が免除されます。

願書申込み受付期間

●沿岸1級・港湾1級

10月中旬〜11月中旬頃まで


●沿岸2級・港湾2級

9月上旬〜10月中旬頃まで


試験日程

●沿岸1級・港湾1級

11月下旬頃


●沿岸2級・港湾2級

10月下旬頃


受験地

●各級

□1次試験、2次試験

東京


受験料(税込み)

●沿岸1級

□1次試験・・・・16,500円
□2次試験・・・・16,500円

●沿岸2級

□1次試験・・・・11,000円
□2次試験・・・・11,000円

●港湾1級

□1次試験・・・・16,500円
□2次試験・・・・16,500円

●港湾2級

□1次試験・・・・11,000円
□2次試験・・・・11,000円

合格発表日

実施先までお問い合わせ下さい。


受験申込・問合せ

一般財団法人 日本水路協会 技術指導部 03-5708-7076


ホームページ

一般財団法人 日本水路協会技術指導部


参考書・問題集

関連書籍はこちら


水路測量技術検定に関連する資格

測量士・測量士補  地質調査技士


水路測量技術検定

 がとれる通信教育・スクール

将来役立つ資格、趣味の資格。身につく教養講座まで、全部で100講座以上開校している通信講座の巨人。  詳しく・・・