民間資格 LinuC

LinuCとは?

LinuCとは、2018年3月に提供開始された試験で、今のクラウド時代におけるLinuxエンジニアに欠かせない「クラウド」「オープンソースのリテラシー」「システムアーキテクチャの知見」のスキルの保持を証明することができる資格です。
  身体上の障害等に係る特別措置がある資格  更新が必要な資格  試験当日結果がわかる資格  インターネットで申し込める資格  受験料がクレジットカード払いできる資格

その他情報

難易度は? レベル3★★★★☆(やや難しい)。
レベル2★★★☆☆(普通)。
レベル1★★☆☆☆(やや易しい)。
合格率は、非公開。
難易度はLPICとほぼ同じです。
就職は? IT企業。クラウド関連の技術者が不足しているので、経験者、未経験者とも求人が多いです。採用や人事評価に取り入れる企業も多くあります。
仕事内容は? サーバー・ネットワークの運用・保守・設計・構築などを行います。

レベル1の書籍はこちら  レベル2の書籍はこちら  レベル3の書籍はこちら


 資 格 概 要

受験資格

●LinuCレベル1

制限無し


●LinuCレベル2

制限無しですが、認定にはレベル1を保有している必要があります。


●LinuCレベル3

制限無しですが、認定にはレベル2を保有している必要があります。


試験内容

●LinuCレベル1

LinuCレベル1に認定されるためには101試験と102試験の両方に合格する必要があります。また、認定されるためには2試験(101試験と102試験)を5年以内に合格する必要があります。

□101試験(60問/90分(実質85分))
  • ① Linuxのインストールと仮想マシン・コンテナの利用
  • Linuxのインストール、起動、接続、切断と停止
  • 仮想マシン・コンテナの概念と利用
  • ブートプロセスとsystemd
  • プロセスの生成、監視、終了
  • デスクトップ環境の利用
  • ② ファイル・ディレクトリの操作と管理
  • ファイルの所有者とパーミッション
  • 基本的なファイル管理の実行
  • ハードリンクとシンボリックリンク
  • ファイルの配置と検索
  • ③ GNUとUnixのコマンド
  • コマンドラインの操作
  • フィルタを使ったテキストストリームの処理
  • ストリーム、パイプ、リダイレクトの使用
  • 正規表現を使用したテキストファイルの検索
  • エディタを使った基本的なファイル編集の実行
  • ④ リポジトリとパッケージ管理
  • apt コマンドによるパッケージ管理
  • Debianパッケージ管理
  • yumコマンドによるパッケージ管理
  • RPMパッケージ管理
  • ⑤ ハードウェア、ディスク、パーティション、ファイルシステム
  • ハードウェアの基礎知識と設定
  • ハードディスクのレイアウトとパーティション
  • ファイルシステムの作成と管理、マウント

□102試験(60問/90分(実質85分))
  • ① シェルおよびスクリプト
  • シェル環境のカスタマイズ
  • シェルスクリプト
  • ② ネットワークの基礎
  • インターネットプロトコルの基礎
  • 基本的なネットワーク構成
  • 基本的なネットワークの問題解決
  • クライアント側のDNS設定
  • ③ システム管理
  • アカウント管理
  • ジョブスケジューリング
  • ローカライゼーションと国際化
  • ④ 重要なシステムサービス
  • システム時刻の管理
  • システムのログ
  • メール配送エージェント(MTA)の基本
  • ⑤ セキュリティ
  • セキュリティ管理業務の実施
  • ホストのセキュリティ設定
  • 暗号化によるデータの保護
  • クラウドセキュリティの基礎
  • ⑥ オープンソースの文化
  • オープンソースの概念とライセンス
  • オープンソースのコミュニティとエコシステム


●LinuCレベル2

LinuCレベル2に認定されるためには201試験と202試験の両方に合格する必要があります。また、認定されるためには2試験(201試験と202試験)を5年以内に合格する必要があります。

□201試験(60問/90分(実質85分))
  • ① システムの起動とLinuxカーネル
  • ブートプロセスとGRUB
  • システム起動のカスタマイズ
  • Linux カーネルの構成要素
  • Linuxカーネルのコンパイル
  • カーネル実行時における管理とトラブルシューティング
  • ② ファイルシステムとストレージ管理
  • ファイルシステムの設定とマウント
  • ファイルシステムの管理
  • 論理ボリュームマネージャの設定と管理
  • ③ ネットワーク構成
  • 基本的なネットワーク構成
  • 高度なネットワーク構成
  • ネットワークの問題解決
  • ④ システムの保守と運用管理
  • makeによるソースコードからのビルドとインストール
  • バックアップとリストア
  • ユーザへの通知
  • リソース使用状況の把握
  • 死活監視、リソース監視、運用監視ツール
  • システム構成ツール
  • ⑤ 仮想化サーバー
  • 仮想マシンの仕組みとKVM
  • 仮想マシンの作成と管理
  • ⑥ コンテナ
  • コンテナの仕組み
  • Dockerコンテナとコンテナイメージの管理

□202試験(60問/90分(実質85分))
  • ① ネットワーククライアントの管理
  • DHCPサーバーの設定と管理
  • PAM認証
  • LDAPクライアントの利用方法
  • OpenLDAPサーバーの設定
  • ② ドメインネームサーバー
  • BINDの設定と管理
  • ゾーン情報の管理
  • セキュアなDNSサーバーの実現
  • ③ HTTPサーバーとプロキシサーバー
  • Apache HTTPサーバーの設定と管理
  • OpenSSLとHTTPSの設定
  • nginxの設定と管理
  • Squidの設定と管理
  • ④ 電子メールサービス
  • Postfixの設定と管理
  • Dovecotの設定と管理
  • ⑤ ファイル共有サービス
  • Sambaの設定と管理
  • NFSサーバーの設定と管理
  • ⑥ システムのセキュリティ
  • iptables や firewalld によるパケットフィルタリング
  • OpenSSH サーバーの設定と管理
  • OpenVPNの設定と管理
  • セキュリティ業務
  • ⑦ システムアーキテクチャ
  • 高可用システムの実現方式
  • キャパシティプランニングとスケーラビリティの確保
  • クラウドサービス上のシステム構成
  • 典型的なシステムアーキテクチャ


●LinuCレベル3

レベル3の試験は専門試験のため、それぞれ別々の認定となります。LinuCレベル2を保有し、かつ、300試験(Mixed Environment)、303試験(Security)、304試験(Virtualization & High Availability)いずれか一つの試験に合格することでLinuCレベル3のそれぞれに該当した認定を取得できます。

□300試験(Mixed Environment)(60問/90分(実質85分))
  • ① OpenLDAP の設定
  • OpenLDAPのレプリケーション
  • ディレクトリの保護
  • OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング
  • ② OpenLDAPの認証バックエンドとしての利用
  • PAMおよびNSSとLDAPの統合
  • アクティブディレクトリおよびKerberosとLDAPの統合
  • ③ Sambaの基礎
  • Sambaの概念とアーキテクチャ
  • Sambaを設定する
  • Sambaの保守
  • Sambaのトラブルシューティング
  • 国際化
  • ④ Sambaの共有の設定
  • ファイルサービス
  • Linuxファイルシステムと共有/サービスのパーミッション
  • プリントサービス
  • ⑤ Sambaのユーザとグループの管理
  • ユーザアカウントとグループアカウントの管理
  • 認証と許可およびWinbind
  • ⑥ Sambaのドメイン統合
  • SambaのPDCとBDC
  • Samba4のAD互換ドメインコントローラ
  • Sambaをドメインメンバーサーバとして設定する
  • ⑦ Sambaのネームサービス
  • NetBIOSとWINS
  • アクティブディレクトリの名前解決
  • ⑦ LinuxおよびWindowsクライアントの操作
  • CIFS連携
  • Windowsクライアントの操作

□303試験(Security)(60問/90分(実質85分))
  • ① 暗号化
  • X.509 証明書と公開鍵の基礎
  • 暗号化、署名および認証のX.509 証明書
  • 暗号化ファイルシステム
  • DNS と暗号化
  • ② ホストセキュリティ
  • ホストの堅牢化
  • ホストの侵入検知
  • ユーザの管理と認証
  • FreeIPA のインストレーションとSambaの統合
  • ③ アクセス制御
  • 任意アクセス制御
  • 強制アクセス制御
  • ネットワークファイルシステム
  • ④ ネットワークセキュリティ
  • ネットワークの堅牢化
  • ネットワークの侵入検知
  • パケットフィルタ
  • 仮想プライベートネットワーク(VPN)

□304試験(Virtualization & High Availability)(60問/90分(実質85分))
  • ① 仮想化
  • 仮想化の概念と理論
  • Xen
  • KVM
  • その他の仮想化ソリューション
  • Libvirt および関連ツール
  • クラウド管理ツール
  • ② 高可用クラスタ管理
  • 高可用性の概念と理論
  • ロードバランスクラスタ
  • フェイルオーバークラスタ
  • エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性
  • ③ 高可用クラスタストレージ
  • DRBD / cLVM
  • クラスタファイルシステム

☆こんな問題が出ます



合格基準

各試験とも非公開ですが、目安として800点満点中、520点以上(65〜75%程度)の正解率で合格となります。


身体上の障害等に係る特別措置について

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。
また、申請内容によっては、医師による診断書等が必要になる場合や、審査や承認等にさらに時間がかかる場合もあります。

  • ① pvjppc@pearson.com宛てに申請書を依頼
  • ② ピアソンVUEから申請書、注意事項の案内
  • ③ Aに必要事項を記入(医師による記入が必要になる場合があります。)
  • ④ pvjppc@pearson.com宛てに申請書を送信(審査に1週間程度)
  • ⑤ 承認された場合はピアソンVUEから許可証がEメールで返信されます。
  • ⑥ 許可後、試験の予約を行って下さい。
    (申請書を送付してから予約申し込みまで2週間程度掛かります。)


許可証は発行日より1年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能

1年以内であれば、6か月間の期間延長を申請することも可能


願書申込み受付期間

随時


試験日程

随時


受験地

全国のピアソンVUEの公認試験会場


受験料(税込み)

□101試験、102試験()

1試験あたり16,500円


□201試験、202試験

1試験あたり16,500円


□300試験、303試験、304試験

1試験あたり16,500円


合格発表日

試験終了後、即時

不合格の場合、LinuCの同一科目を受験する際、2回目の受験については、受験日の翌日から起算して7日目以降(土日含む)より可能となります。
詳しくは、「再受験ポリシー」をご覧下さい。


合格後の更新について

認定の有効期限はありませんが、「有意性の期限」があります。認定の有意性を維持するためには「認定日から5年以内」に再認定が必要です。または保有する認定レベルより上位の認定を5年以内に取得する必要があります。
詳しくは「再認定ポリシー(有意性の期限)」をご覧ください。


受験申込・問合せ

LPI Japan 03-3568-4482
ピアソンVUE 0120-355-583


ホームページ

LPI Japan

ピアソンVUE


参考書・問題集

レベル1の書籍はこちら  レベル2の書籍はこちら  レベル3の書籍はこちら


LinuCに関連する資格

LPIC  レッドハット認定エンジニア  CompTIA Linux+


受検するとき持っていると得する資格(挑戦予定順)
LinuC

 がとれる通信教育・スクール

資格取得から、趣味の講座までいろんな通信・通学講座を取りそろえています。  詳しく・・・


Web/DTP・パソコン資格・プログラミング・ネットワークなど、初心者から個別指導で就転職まで徹底支援。好きな校舎や時間で通えます。